素晴らしい音楽の時を与えてくれるアルゲリッチへ、
アルゲリッチ芸術振興財団の名誉理事 椎木正和氏から
尊敬と親愛の証しとしてこのハウスが贈られることになったのです。
アルゲリッチ専用のピアノ「マルティータ」とともに
永く音楽を届けて欲しいという願いも込められ、
素晴らしい音響を持つ「サロン」から、これからも歴史に残る
アルゲリッチの名演を皆さまへお届けします。
クラシック音楽の殿堂「しいきアルゲリッチハウス」はアルゲリッチとともに、
希望を音楽に託して「未来への道」を歩んでいきます。
新型コロナウイルス感染症対策に関わるお知らせとお願い → 詳細はこちら

Information

2022年8月18日
「マルタ・アルゲリッチの日」制定記念 ~ みんなのクラシック ~
2022−23 しいきアルゲリッチハウス 室内楽シリーズ “紡ぐこと、繋がること ”

2022年11月5日(土)Vol.22 ヴィオラの新しい扉をひらく
 [出演:川本嘉子(ヴィオラ)、阪田知樹(ピアノ)]
2022年12月17日(土)Vol.23 響き合う喜び~名曲と共に~
 [出演:竹澤恭子(ヴァイオリン)、福田進一(ギター)]
2023年1月15日(日)Vol.24 大地に響くチェロ
 [出演:佐藤晴真(チェロ)、津田裕也(ピアノ)]
2023年3月12日(日)Vol.25 音楽を究める~小菅優のマイルストーン
 [出演:小菅優(ピアノ)]

詳細は → こちら

2022年7月7日
世界へ羽ばたく音楽家たち Vol.10 牛田智大ピアノ・リサイタル
日時:2022年9月11日(日)開場14:30 開演15:00 終演17:00(予定)
会場:しいきアルゲリッチハウス サロン
出演:牛田智大(ピアノ)
詳細は  → こちら
2022年3月19日
本日は『未来プロジェクト「希望の樹」が運ぶ幸せの種』を開催。
第1部の講演では、エノログ(醸造技術管理士)の資格を持つ古屋浩二氏が自身の体験から様々なワインの楽しみ方を紹介。
「流汗悟道」を矜持にさらなる高みを目指し、これからは世界へ挑戦したいと夢を語りました。 第2部は大分出身の後藤康さん(ヴァイオリン)、物井彩さん(ピアノ)が、瑞々しい音色でクライスラー、サラサーテの作品など6曲を披露。
大分が誇るワインと若き才能、アルゲリッチが繋いだ種が芽吹き世界へ広がる期待感に胸が躍ります!
(アンコール)
M.T.V.パラディス:シチリアーノ



2022年2月10日
【謹告】「Vol.21 伊藤京子 レクチャーコンサート シューマンが求めた『新しい道』」開催中止のお知らせ
→ 詳細はこちら


2022年2月3日
【80名様特別ご招待(要事前申込)】
「マルタ・アルゲリッチの日」制定記念〜みんなのクラシック〜
未来プロジェクト『「希望の樹」が運ぶ幸せの種』

日時:3月19日(土)開場13:30 開演14:10 終演予定16:10
会場:しいきアルゲリッチハウス・サロン
出演:古屋 浩二(講師)、後藤 康(ヴァイオリン)、物井 彩(ピアノ)
応募締切:2月28日(月)18時必着
協力:三和酒類株式会社 安心院葡萄酒工房
詳細は → こちら

2021年12月19日
本日は2021-22室内楽シリーズ「Vol.20 出会いから誕生した作品(ピアノ:小菅優、クラリネット:吉田誠)」を開催。
樹木の命を繋ぐクラリネットとサロンが共鳴し合う優しい音色に包まれた時間でした。
小菅さんのピアノ・ソロも圧巻の技巧で魅了!
2021年の締めくくりにふさわしい温かみのある演奏会となりました。
来年もしいきアルゲリッチハウスでは上質な演奏をお届けします。
(アンコール)
サン=サーンス:鐘(ピアノとクラリネット版)



2021年11月6日
6日(土)は、東京オペラシティ リサイタルシリーズ「B→C嘉目真木子ソプラノリサイタル 別府公演」が開催され、アンコールを含め11曲をお届けしました。
サロンに響き渡る嘉目さんの滑らかで伸びやかな声音に、「声」も楽器であることを強く感じた公演でした。
9日(火)には東京オペラシティ リサイタルホールにて同じプログラムで開催されます。お楽しみに。
(アンコール)
R. シュトラウス:4つの歌曲集 op.27 TrV 170より 第4番「明日!」



2021年11月1日
11/6(土)東京オペラシティ リサイタルシリーズ B→C嘉目真木子ソプラノリサイタル
【当日券販売のお知らせ】
当日券を販売いたします。→ こちら

【入場整理番号の配付について】
当公演は自由席のため、開場前の混雑や密を避けるため、当日の午前11時から午後1時まで入場整理番号を配付いたします。
詳しくは → こちら>

2021年10月25日
本日は2021-22室内楽シリーズ「Vol.19 音が語るとき(ヴィオラ:川本嘉子、ピアノ:阪田知樹)」を開催。
阪田さんのピアノ・ソロから始まり、16曲におよぶシューマンの「詩人の恋 op.48」ではまるで歌うようなヴィオラの響きが印象的でした。
後半のベルリオーズ/リスト編の「イタリアのハロルド」は、しいきアルゲリッチハウスの空間とピアノによる昨日とはまた違った圧巻の熱演にいつまでも止まらない拍手が贈られました。
(アンコール)
ブラームス:11のコラール前奏曲 op.122  第8曲
ハーライン:星に願いを(即興)




2021年8月16日
2021−22 しいきアルゲリッチハウス 室内楽シリーズ “ 新しい道 ”
2021年10月25日(月)Vol.19 音が語るとき [出演:川本嘉子(ヴィオラ)、阪田知樹(ピアノ)]
2021年12月19日(日)Vol.20 出会いから誕生した作品 [出演:小菅優(ピアノ)、吉田誠(クラリネット)]
2022年3月13日(日)Vol.21 レクチャーコンサート シューマンが求めた「新しい道」 [出演:伊藤京子(ピアノ/レクチャー)]
詳細は → こちら

2021年8月11日
(財団協力公演)
東京オペラシティ リサイタルシリーズ
B→C嘉目真木子ソプラノリサイタル 別府公演
日時:2021年11月6日(土)開場13:30 開演14:00 終演16:00(予定)
会場:しいきアルゲリッチハウス・サロン
出演:嘉目真木子(ソプラノ)、高田恵子(ピアノ) 
主催:(公財)東京オペラシティ文化財団
詳細は → こちら

2021年4月14日
【動画公開】
2月28日開催「Vol.18 たゆやかな音に包まれて」の一部と音楽祭プロデューサー伊藤京子のインタビュー動画を公開。
 → Oita Web Stage

過去のInformationは → こちら をご覧ください。

Shiiki presents Argerich's Haus LINEUP 2022−23

[ 世界へ羽ばたく音楽家たち ]

Vol.10 牛田智大ピアノ・リサイタル

日時: 2022年9月11日(日) 開場14:30 開演15:00
出演: 牛田智大(ピアノ)


[ 2022-23 室内楽シリーズ “紡ぐこと、 繋がること” ]

Vol.22 ヴィオラの新しい扉をひらく

日時:
2022年11月5日(土)
開場14:10 開演15:00 伊藤京子によるレクチャー付き14:40〜
出演:
川本嘉子(ヴィオラ)、阪田知樹(ピアノ)

Vol.23 響き合う喜び〜名曲と共に

日時:
2022年12月17日(土)
開場14:10 開演15:00 伊藤京子によるレクチャー付き14:40〜
出演:
竹澤恭子(ヴァイオリン)、福田進一(ギター)

Vol.24 大地に響くチェロ

日時:
2023年1月15日(日)
開場14:10 開演15:00 伊藤京子によるレクチャー付き14:40〜
出演:
佐藤晴真(チェロ)、津田裕也(ピアノ)

Vol.25 音楽を究める〜小菅優のマイルストーン

日時:
2023年3月12日(日)
開場14:10 開演15:00 伊藤京子によるレクチャー付き14:40〜
出演:
小菅優(ピアノ)

その他、コンサート、マスタークラス、未来プロジェクト(講演会)他実施予定。
詳細が決まり次第、ホームページ等で随時お知らせいたします。



未来への道 サロン文化育みの拠点として”


サロン文化
様々な人や文化の交流を生む、新しい「出会いの場〜サロン」の創造
クオリティの高い演奏会
アルゲリッチをはじめ世界レベルの演奏家によるコンサート
教育プロジェクト
ピノキオコンサートやマスタークラスなど、音楽を通した教育活動
未来プロジェクト
様々な分野から講師を迎えて、子どもたちの未来への指針となる講演会
デビューコンサートシリーズ
世界へ飛び立つ若手演奏家への「特別な場」の創造
第1回は浜松国際ピアノコンクールの入賞者からアルゲリッチが推薦します
(2016年予定)
しいきアルゲリッチハウス 利用案内 子ども未来プロジェクト サロン座席へのご寄附について

施設概要

名 称
:Shiiki presents Argerich’s Haus
 (しいきアルゲリッチハウス)
所在地
:大分県別府市野口原3030-1
工事期間
:2014年9月〜2015年4月
施 工
:株式会社 佐伯建設
延床面積
:796.48 m²
構 造
:鉄筋コンクリート一部鉄骨造り 平屋建て
サロン座席数
:150席(可動式)
設置ピアノ
:スタインウェイ&サンズ社 D274型
音響設計
:株式会社永田音響設計

アクセスはこちら

「しいきアルゲリッチハウス」建設現場レポート
| 2014年9月4日 | 2014年12月9日 | 2015年3月20日 | 2015年3月27日 | 2015年4月3日 | 2015年5月1日 |