「音楽は翻訳を必要としない共通言語」とバッハが語り、そして「魂が魂へ語りかけるのだ」という言葉を残しています。
そして音楽は多くの人々によって、私たちの時代に繋がれてきました。

  2015年、国連から「SDGs」持続可能な開発目標が、世界へ向けて提案されました。多くの人々にとって馴染みの薄い言葉でもあり、活動自体が知られる機会が少なかったものですが、とても社会にとり大事な考え方です。
 次から次に新しい物や情報に溢れる現代社会の中で、未来を想像して行動をしていく、という呼びかけでもあるようです。

 日本でも次第に「持続可能」という考え方に、注目が集まり始めています。
そして正しくクラシック音楽が何百年もの間、引き継がれてきた、という事実はこの思想に最も寄り添うものです。

 私たちはこれまでアルゲリッチと共に、社会の中で音楽が出来ることを模索しながら様々なことを試みてきました。
その中で特に大事にしてきたことは「心」の育みです。
 益々進む機械化やITによる社会の変化に、人本来の情感や繋がりが次第に希薄になっているように多くの方々も感じておられるのではないか、とも思います。

 勿論音楽だけでこのような社会問題を変えることはできませんし、皆さまご存知のように過去を見る時、 美術を学び、ワグナーを愛したヒトラーもいます。
 しかし、2020年に生誕250年となったベートーヴェンやバッハが音楽に求めた本質は色褪せることなく、一層その音楽は光輝き力強く、また深く心に訴えかけてきます。
 シラーの詩に共感をしたベートーヴェンが、人々に訴えかけている人類愛と連帯は、今ほど必要な時はありません。
 世界に拡がったコロナウイルスで表面化した人種差別等、いつの時代でも同じ過ちを人類は繰り返しています。

 アルゲリッチもこの音楽祭から、社会と繋がり「人」が繋がることの素晴らしさを感じていただきたい、と願っています。
 私たちは音楽の持つ魅力を、アルゲリッチや集ってくださる多くの音楽家の方々が説得力を持って伝えてくださることに、力づけていただきながら、その先にある芸術−音楽の本質を皆さまと分かち合い、未来へ引き継いでいきたい、という思いを強くもっています。
 魂から魂へ、そしてベートーヴェンの「聖なる芸術への献身と、他者を幸福にするための行い」に近づくために。

2021年5月

伊 藤 京 子
別府アルゲリッチ音楽祭総合プロデューサー

 SDGsとは、 Sustainable Development Goals 「持続可能な開発目標」の略称です。2030年までに全世界で取り組む共通目標として、2015年9月の国連サミットで採択されました。持続可能な世界を実現するための17のゴール(目標)に向けて、全世界も積極的に取り組んでいます。
 私どもアルゲリッチ芸術振興財団は「別府アルゲリッチ音楽祭」や「ピノキオコンサート」等を通じて、SDGsを実現する「人」の大切さを考えるきっかけとなることを願っています。
3. すべての人に健康と福祉を
  音楽が社会にできることの一つとして、コンサートへ足を運ぶことができない方へ病院や商業施設、銀行、空港、駅等で演奏会を開催。
4. 質の高い教育をみんなに
  県内外でピノキオコンサート(学校等訪問コンサート、こどものための無料コンサート)開催。これまでに137回約44,190名が参加し、音楽とおはなしを通じて、全ての人が心豊かで穏やかな社会に生きることができるようにその実現に向けて実施している。
5. ジェンダー平等を実現しよう
  音楽界は他の分野に比べてジェンダーの平等を実現しており、音楽祭においても性別にとらわれず、アーティストや運営ボランティア、地域拠点のシュヴァリエが生きがいを持ち活躍している。
10. 人や国の不平等をなくそう
  これまでに22ヶ国157名の海外アーティストが来県し、人種、宗教を超えて「音楽」という世界の共通言語を通して交流を続けている。
日韓文化交流スペシャルコンサートを開催し、韓国との友好交流を継続している。
11. 住み続けられるまちづくりを
  地方都市である大分県別府市を中心に音楽祭を開催し、音楽祭を通して教育、国際交流、産業との連携(県内の酒造会社と連携し、東日本大震災の復興を願いアルゲリッチ総裁植樹のワインを醸造)、観光(過去21回県内観客数約115,000人)等地域を活性化し、地方創生に貢献。アジア諸国(日本、中国、アジア、ベトナム、インド等)の学生から高齢者まで幅広く構成された音楽祭ボランティアによる運営で、人と人がつながり、豊かな文化的環境を創造している。
16. 平和と公正をすべての人に
  アルゲリッチ総裁は常に「寛容と連携」、「芸術は孤高のものではなく、人と共にあることが大事だ」という信条を持ち、ピノキオコンサートのおはなしの中でもこのことに触れているほか、これまでの音楽祭のテーマでも「平和」、「国際的な交流」、「未来」をテーマに掲げ、実現できる「人の育成」に力を注いでいる。

特別協賛
大分銀行
協  賛
日本生命
河野脳外科病院
キャノン
金刀比羅宮
iichiko
協  力
JAL
助  成
Kao