日時:5月6日(日)15:00〜 会場:ビーコンプラザ・フィルハーモニアホール


朝来桂一(あさきけいいち)(ヴァイオリン)
大分市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。第1回、第11回別府アルゲリッチ音楽祭、米国アスペン音楽祭、ゴールドベルク記念音楽祭、指揮者大友直人、アラン・ギルバート氏による『mmcj』など国内外の音楽祭に招待され出演。著名芸術家との共演を重ねるほか、クラシック音楽を題材とした映画『マエストロ!』に劇中出演するなど、大分市出身の音楽家として幅広く親しまれている。
朝来泰生(あさきやすお)(バリトン)
大分市出身。岩田中学校卒業。東京藝術大学声楽科卒業。第11回別府アルゲリッチ音楽祭参加。ロータリー財団国際親善奨学金を受け渡伊。これまでに京都市立学校文化芸術賞、瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第1位、II Concorso Internazionale di Canto Lirico "Mario Cappellin" 優勝、副賞としてピネローロ市立劇場にてオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」グリエルモ役で出演。イタリアにてFandazine Montovani より現地での演奏活動を表彰される。ミラノ在住。
中谷政文(なかたにまさふみ)(ピアノ)
東京藝術大学を卒業。第8回ソフィア国際ピアノコンクール "アルベール・ルーセル" において第1位ならびにY. Boukoff賞を受賞。ブラームスの発展的変奏の考察に於いて博士号を取得。現在、Y.A.ミュージックアカデミー講師。
<プログラム>
M.ラヴェル:ツィガーヌ
G.ロッシーニ:4月のミツバチのように
瀧廉太郎:荒城の月
アイルランド民謡:ロンドンデリーの歌

古庄明日香(こしょうあすか)(ピアノ)
大分県出身。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て同大学音楽学部卒業。東京音楽大学大学院伴奏科修了。現在、九州・東京での演奏活動に加え後進の指導にもあたっている。ピアノを本渡絵里子、野口誠二、山本実樹子、楠本隆一、村上弦一郎に、室内楽を石井克典、三輪郁の各氏に師事。第16回別府アルゲリッチ音楽祭に出演。
中里舞砂(なかざとまいさ)(ヴァイオリン)
桐朋女子高等学校音楽科、同大学音楽学部卒業。在学中より優秀生として様々な学内コンサートに選抜出演。2011年にブレッド国際音楽コンクールで第2位(最高位)を受賞するなど、国内外で様々な賞を受賞。2015年には埼玉中央フィルハーモニーオーケストラと共演するなど、様々なコンサートにも多数出演。また作曲・編曲家としても活動。クラシックだけでなくロックやヘヴィメタル等のジャンルでも音楽ユニットを自ら立ち上げ数々のコンサートを開催・出演、国内外の音楽誌等でも度々取り上げられている。
<プログラム>
C.サン=サーンス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 ニ短調 op.75

後藤 康(ごとうこう)(ヴァイオリン)
大分県大分市出身。3歳よりヴァイオリンを始める。第63回全日本学生音楽コンクール中学校の部北九州大会第1位。第66、68回全日本学生音楽コンクール高校の部北九州大会第1位。第68回同コンクール高校の部全国大会横浜市民賞。第3回ガダニーニコンクール第3位。第10回大分市ふるさとコンサートに出演。これまでに、川瀬麻由美氏に師事。現在辰巳明子氏に師事。現在桐朋学園大学4年。第13回別府アルゲリッチ音楽祭に出演。
樽谷公平(たるやこうへい)(ピアノ)
大分県別府市出身。第37回大分県音楽コンクール第1位。霧島国際音楽祭においてエリソ ヴィルサラーゼ氏のマスタークラスを受講しヴィルサラーゼ氏に推薦され選抜ロビーコンサート出演。桐朋学園大学student's concertに出演。これまでに木戸聡美、中島利恵、畑瀬由美子各氏に現在村上弦一郎、沼澤淑音両氏に師事。桐朋学園大学3年在学中。
<プログラム>
P.サラサーテ:カルメン幻想曲 op.25
F.シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲 イ長調 op.162, D.574より第1楽章

嘉目真木子(よしめまきこ)(ソプラノ)
国立音楽大学大学院修了。伊フィレンツェへ留学。
2010年二期会『魔笛』パミーナでデビュー。以降、同会には『フィガロの結婚』スザンナ、『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ、『パリアッチ』ネッダ、『こうもり』ロザリンデで出演。その他、神奈川県民ホール『金閣寺』有為子、九響『道化師』ネッダ、熊本シティオペラ『椿姫』ヴィオレッタ役、大分iichiko総合文化センター『魔笛』パミーナ等。
今後、二期会『魔弾の射手』アガーテ、日生劇場『コジ・ファン・トゥッテ』フィオルディリージ等で出演予定。CD好評発売中。二期会会員。第10回記念別府アルゲリッチ音楽祭に出演。
高田恵子(たかたけいこ)(ピアノ)
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て、同大学研究科を修了。
第14回日本モーツァルト音楽コンクール奨励賞。第8回チェコ音楽コンクール第2位。
現在は二期会オペラ研修所ピアニスト。
<プログラム>
G.プッチーニ:『ジャンニ・スキッキ』いとしいお父さん
C.グノー:アヴェ・マリア
G.F.ヘンデル: 『リナルド』涙の流れるままに
C.グノー:『ファウスト』宝石の歌

渡邊智道(わたなべともみち)(ピアノ)
大分県別府市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業、東京藝術大学卒業。
東京にて、2016年まで植田克己に師事。2009年フッペル鳥栖ピアノコンクールで第1位受賞、合わせて月光賞受賞。2016年日本音楽コンクール・ピアノ部門で第3位受賞。作曲、作詞、文筆でも活動。音楽家・雁部一浩氏に見出され、ピアノ芸術研究会の演奏家、講師としても活動を始める。第11、19回別府アルゲリッチ音楽祭に出演。
<プログラム>
J.S.バッハ:イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV807

*(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞受賞*
石本高雅(いしもとこうが)(テノール)
大分大学附属中学校、大分東明高校特進、特奨クラス卒業。19回 九州音楽コンクール最優秀賞。第18回 高校生のための歌曲コンクール優秀賞。第65回,第67回 大分県高等学校音楽コンクール第1位。第45回 大分県音楽コンクール第1位。第71回 瀧廉太郎記念全日本高等学校声楽コンクール第1位。第71回 全日本学生音楽コンクール北九州大会第1位。全国大会第3位 横浜市民賞(聴衆賞)ANA賞。(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞受賞。渡邉砂子、堀口美香、古野千鶴子、三浦彰、田村陽子、宮本修、行天祥晃氏に師事。
石本理砂(いしもとりさ)(ピアノ)
武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。お茶の水女子大学研究生。第1回園田高広賞ピアノコンクール入選。元淑徳エクステーション淑徳生活文化専門学校兼任講師。
現在、附属四校園PTAコーラス・童謡唱歌を歌う会ピアニスト。
<プログラム>
F.トスティ:アマランタの4つの歌
1.私をひとりにしてくれ息をつかせてくれ
2.暁が光から影を隔て
3.むなしく祈り
4.賢者の言葉は何を語っているのか

*「(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞」について
一流の音楽家を多数輩出する高水準で伝統ある国内外のコンクールと提携し、世界的ピアニスト マルタ・アルゲリッチの名前を冠した「しいきアルゲリッチハウス」等で、将来有望な若手音楽家にデビューの場を提供し、広く紹介することを目的に「(公財)アルゲリッチ芸術振興財団賞」を2015年に創設。賞の内容は、「ハウスでのリサイタル」、「マスタークラス受講」、「大分県出身若手演奏家コンサートへの出場」などを提供します。2015年第9回浜松国際ピアノコンクール、「日本音楽コンクール」、「全日本学生音楽コンクール北九州大会」において本賞を創設。

※ プロフィールは2018年2月26日現在
※ 演奏順不同