日時:5月9日(土)15:00〜  会場:ビーコンプラザ・国際会議室

※大分県立芸術文化短期大学推薦枠※
蒲原 光(かまはら ひかり)(ピアノ)
大分県出身。大分高等学校普通科特進音楽コース卒業後渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院に首席奨学生で入学。ディプロム5e Enseignementを取得して帰国。大分県立芸術文化短期大学卒業。同短期大学専攻科修了。(認定専攻科)「若さあふれるコンサート」「ピアノコース演奏会」「卒業演奏会」「修了演奏会」に出演。また、「定期演奏会」にソリストで出演。これまでに、米山朋子、中沖玲子、エリック・ベルショ、石山聡の各氏に師事。室内楽をマリー・ピエール・ソーマ氏に師事。桐朋学園大学院大学音楽研究科演奏研究専攻(修士課程)進学予定。
<プログラム>
P.ヒンデミット:組曲「1922年」op.26 1. 行進曲 2.シミー 3.夜曲 4.ボストン 5.ラグタイム

※大分県立芸術文化短期大学推薦枠※
佐藤 克彦(さとう かつひこ)(テノール)
日田市出身。大分県立芸術緑丘高等学校ピアノ専攻、及び大分県立芸術文化短期大学声楽コース卒業。第50回芸短大定期演奏会ハイドン作曲「天地創造」にウリエル役で出演。第68回全日本学生音楽コンクール北九州大会大学の部入選。第6回東京国際声楽コンクール大学生部門入選。第42回大分県音楽コンクール大学・一般の部 1位・特賞。声楽を、宮本修、吉田浩之、行天祥晃の各氏、ピアノを斎藤恵、宮添奈央子の各氏に師事。東京藝術大学音楽学部声楽科進学予定。
漆間 夏希(うるま なつき)(ピアノ)
大分市出身。大分県立芸術文化短期大学ピアノコース卒業。第69回芸短大成績優秀者による「若さあふれるコンサート」に出演。洗足学園音楽大学ピアノコース3年次在学。
これまでに、木戸聡美、宮添奈央子、有森直樹、吉武雅子の各氏に師事。
<プログラム>
瀧廉太郎:荒城の月
瀧廉太郎:納涼
S.ドナウディ:あぁ、愛する人の
G.F.ヘンデル:この心に目覚めよ
R.シューマン:献呈

西田 悠(にしだ ゆう)(ヴァイオリン)
大分県佐伯市出身。アルゲリッチ音楽祭ニューイヤーコンサートin さいきに出演。同音楽祭公開ヴァイオリンマスタークラス受講。京都芸術祭「世界に翔く若き音楽家たち」出演、奨励賞受賞。大分県音楽コンクール第1位。全日本学生音楽コンクール北九州大会第3位。佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ元メンバー。現在桐朋学園大学音楽学部4学年に在学し、徳永二男氏に師事。
永野 栄子(ながの えいこ)(ピアノ)
桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学、モスクワ音楽院大学院卒業。帰国後は数多くのアーティストとの共演を果たす。福岡女子短期大学、エリザベト音楽大学、自身のschoolにおいて後進の指導に情熱を注いでいる。
<プログラム>
E.イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 op.27 第3番 バラード
M.ラヴェル: ツィガーヌ

物井 彩(ものい あや)(ピアノ)
私立大分高等学校音楽コース卒業。桐朋学園大学音楽学部卒業。平成20年度滝廉太郎記念コンクール第1位。第12回九州音楽コンクール高校の部金賞及び最優秀賞受賞。受賞記念コンサートに出演。NHK 交響楽団コンサートマスター篠崎史紀氏によるMARO プロジェクト2012室内楽コンサートに出演。ピアノを木下文葉、村田悦子、楠本隆一、中島利恵、村上弦一郎の各氏に師事。室内楽を田崎悦子、藤井一興の各氏に師事。
<プログラム>
R.シューマン:幻想曲 ハ長調 op.17 第1楽章

松林 紗代(まつばやし さよ)(クラリネット)
大分県由布市出身。大分県立大分雄城台高校卒業。2009年エリザベト音楽大学卒業。同年海上自衛隊入隊。海上自衛隊東京音楽隊での勤務を経て、2012年、渡仏。2014年ヴェルサイユ地方音楽院(CRR)修了。同年10月、完全帰国後、大分を拠点に演奏活動中。これまでにクラリネットを佐藤三保、水野恵、武田忠善、P.キュペールに師事。室内楽をJ=F・ゴンザレスに師事。現在島村楽器講師。
佐藤 真美(さとう まみ)(ピアノ)
大分県立芸術緑丘高等学校卒業。愛知県立芸術大学音楽学部卒業。第15回別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートに出演。現在、別府溝部学園短期大学非常勤講師。平和楽器講師。ピアノ教室主宰。
<プログラム>
G.ヴェルディ/ D.ロヴレーリョ:歌劇『椿姫』の主題による協奏的幻想曲

菅 美駒(すが みく)(ピアノ)
タイ国生まれ。シューズベリーインターナショナルスクールの音楽特待生として在学中。ロシア人のイリーナ・ノヴィコワ氏に師事。6歳よりピアノ、7歳より声楽、11歳よりオーボエを習う。2015年3月、グランデプライズ バーツオソコンクールで受賞し、ロンドンのロイアルアルバートホールで演奏する。2014年、ロシアのウラディミール・スピヴァコフ氏の慈善基金国際コンサートに招待される。2013年九州山口ピアノコンクールでは最優秀賞、及び会長賞を受賞。瀧廉太郎記念コンクールでは1位(2013,2011)。トリニティ音楽院大学の、トリニティタイランドでは1位(2009,2008)。大分ではピアノを田村陽子氏、声楽を橋本悦代氏に師事。小学校時代毎年7、8月は、大分の母方の実家に滞在し、大分の学校で体験入学しながら、大分の音楽コンクールに参加。APU学生とも交流があり、APUの広場でのイベントで英語の歌を披露したこともある。また、大分県が世界に誇る作曲家瀧廉太郎のピアノ曲は、機会があるごとに今でも演奏している。
<プログラム>
P.I.チャイコフスキー:眠れる森の美女より10.アダージョ

本田 ゆりこ(ほんだ ゆりこ)(ソプラノ)
別府市出身。国立音楽大学卒業。同大学院オペラ科修了。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。新進演奏家の夕べに出演。第31回ソレイユ音楽コンクール第3位入賞。(財)平井文化搭興基金より助成金をうけモーツァルテウムサマーアカデミーディプロマ取得。「フィガロの結婚」「愛の妙薬」「仮面舞踏会」等に出演。田原祥一郎、田口興輔、出口正子、D'AmicoMildela、島田準子、ElisabethWilkeの各氏に師事。二期会準会員、大分二期会会員。
白取 晃司(しらとり こうじ)(ピアノ)
神奈川県出身。東京音楽大学卒業。同大学院鍵盤楽器研究領域(伴奏)修了。新国立劇場オペラ研修所にてレッスンピアニスト、東響コーラス、新国立劇場合唱団等の合唱稽古ピアニストを務める。東京音楽大学伴奏助手。
<プログラム>
R.シュトラウス:セレナーデ
G.ドニゼッティ:「シャモニーのリンダ」より〜この心の光〜

※大分県立芸術文化短期大学推薦枠※
大分県立芸術文化短期大学学校推薦出演者
本財団は大分県の音楽芸術水準の向上に寄与し、若手音楽家に発表の機会を提供するため、大分県立芸術文化短期大学と提携して、優秀な学生2名を大分県出身若手演奏家コンサートの出演者として推薦枠を設けており、毎年参加してもらっている。