3歳よりヴァイオリンを始め、山村晶一、小林健次両氏に師事。6歳より才能教育研究会海外派遣団の一員として海外ツアーを行う。桐朋女子高校音楽科在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、併せてレウカディア賞、黒柳賞を受賞。1985年にジュリアード音楽院に入学し、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫両氏に師事した。1986年第2回インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで圧倒的な優勝を飾る。以来、“世界のKYOKO TAKEZAWA”として国際的スターダムを昇り続けている。
これまで、ニューヨーク・フィル、ボストン響、シカゴ響、フィラデルフィア管、モントリオール響、ロンドン響、モスクワ放響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、バンベルク響、バイエルン放響、リヨン管、フィンランド放響、ローマ・サンタ・チェチーリア管、ロイヤル・コンセルトヘボウ管など、世界の主要オーケストラと共演。指揮者では、クルト・マズア、ズービン・メータ、レナード・スラットキン、シャルル・デュトワ、リッカルド・シャイー、ケント・ナガノ、クリストフ・エッシェンバッハ、ヘルベルト・ブロムシュテット、小澤征爾らと共演している。室内楽でも、フェスティヴァル・ソロイスツ(サントリーホール)にてアイザック・スターン、ヨーヨー・マなどと共演したほか、宮崎国際室内楽音楽祭では東京クヮルテット、アメリカ・ラホーヤ音楽祭ではエマーソン・クヮルテットのデイビッド・フィンケルらと共演。アスペン、ルツェルン、カザルスといった世界的な音楽祭にも定期的に招かれるなど、幅広い活躍を続けている。
 2009年には、デビュー20周年記念リサイタルシリーズの締めくくりとしてブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏会を各地で開催。2010年には、シカゴ交響楽団の定期演奏会でアルバン・ベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏し絶賛され、また、ミルウォーキー交響楽団定期演奏会、バンクーバ交響楽団定期演奏会に登場。2011年にはフィルハーモニア管弦楽団のスペインツアー、2012年にはヘンゲルブロック指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の日本公演でソリストを務めた。2014年には東京フィルハーモニー交響楽団100周年記念ワールドツアーのソリストを務め、パリ、ロンドンなどで高い評価を得た。つづく2015年にはNHK交響楽団の九州ツアー、ドイツマグデブルク・フィルハーモニー管弦楽団とも共演している。
 最近では水戸室内管弦楽団、セイジオザワ松本フェスティバルへの参加、ソウル、オスロ、マントヴァにて定期的にマスタークラスを行っているほか、インディアナポリス、メニューイン、ロンティボーなど世界的国際コンクールの審査員も数多く務める。CDもRCAレッド・シールより多数のCDをリリース。1993年第3回出光賞受賞。
 現在、桐朋学園大学特任教授、2017年より洗足学園音楽大学特任教授。
使用楽器は、NPO法人イエロー・エンジェルよりアントニオ・ストラディヴァリウス、“ヴィオッティ”(Viotti/1704年製)を貸与されている。

→ 第19回アルゲリッチ音楽祭 出演者一覧