映像作家であり、プロデューサー、写真家でもあるステファニー・アルゲリッチは、これまでに音楽家を主題とした中編ドキュメンタリーをフランスのテレビ局(Mezzo やフランス・テレヴィジョン)向けに製作。また、長編映画「Bloody Daughter〜アルゲリッチ 私こそ、音楽!」を製作。この作品は、2013年国際テレビ映像フェスティバルFIPA金賞とイタリア賞を受賞し、世界中の劇場で上映された。
2016年、チャーリー・ペテルスマンとフローリアン・ドヴィーニュと、映像作家による作品(ドキュメンタリー、フィクション)を扱う製作会社ムネモシュン・フィルムズ(Mnemosyn Films www.mnemosynfilms.ch) を設立。
現在、新しいドキュメンタリー映画の制作中であり、日本で撮影された写真を含む写真集の制作も始めている。
2児の母。スイス・ジュネーヴ在住

→ 第19回アルゲリッチ音楽祭 出演者一覧